貸します詐欺ってなんですか?

貸します詐欺は悪質業者が行なう詐欺行為の手口の1つ。
大手消費者金融や金融機関を装い消費者に対し勧誘を行うケースが多いです。
手口としてはメールやチラシなどに「お金貸します」「低金利で貸し付けます」「初めてでも大口融資対応可能」といった文面を記載し送ってきます。
正規の金融業者はこのような連絡を自ら行うことは先ずありませんので、この時点で怪しいと思うことです。
しかし本当にお金に困っている人は藁にもすがる思いで借りようとしてしまいがちです。
メールやチラシには電話番号も記載されており、そこへかけると一般の金融業者同様に審査を行います。
とはいっても審査内容はあってないようなもので始めから審査に通ることを前提としています。
審査に通過するとその旨を伝える連絡が入ります。
正規の金融業者であれば審査通過した後は契約手続きを行い融資となりますが、貸します詐欺の場合は登録料や一時保険金を口座に振り込むよう支持してきます。
もちろんまともな金融業者であればそんな事は絶対にしません。
言われたとおりに振り込んでしまうとその後連絡がつかなくなります。
貸します詐欺を行なう悪徳業者は正式に国の許可を得ていません。
ですからチョットでも怪しいと思った場合は登録番号があるかどうかを確認しましょう。
最近は偽の登録番号を表して営業している悪徳業者もありますので、その場合は登録番号が本物かどうかも確認するようにすると良いでしょう。気になる人はコチラから